マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

「蒙古タンメン中本」の魅力解剖、ファンは「五感すべてで楽しみたい」

2019年8月25日 15:00 マネーポストWEB

蒙古タンメンのスープにライスを投入
蒙古タンメンのスープにライスを投入

 Aさんがいつも注文するのは定番の「蒙古タンメン」(800円、税込み以下同)。辛さは10段階の5。さらに「半ライス」(120円)を追加することも多い。

「辛さ以上に野菜の甘味を含んだスープこそが中本の真髄だと感じています。辛すぎると食べるのがしんどくなってしまうし、スープの旨味をしっかり感じられる、辛さ5くらいがちょうどいい。麺を食べ終わった後、残ったスープにライスを入れて、雑炊のようにして食べるのも楽しみの一つです」(Aさん)

汗だくになって食べると気分もスッキリ

 中本の辛さにどハマりしている人もいる。中本のメニューには、辛さの段階が0(辛くない)から10(激辛)まであるが、40代の男性会社員・Bさんは、辛さ9の「北極ラーメン」(830円)がお気に入りだ。

「熱々で激辛の北極ラーメンを、汗だくになって食べると、気分もスッキリするんです。特に夏、1日働いた後に北極ラーメンを食べると体中から汗が吹き出して、疲れた体がリフレッシュされるような感覚を味わえます。私にとっての『蒙古タンメン中本』は、舌で味わうだけの存在ではなく、五感すべてを駆使して楽しむもの。お腹を満たしに行っているというよりも、心を満たしに行っている感覚が強いです」

 もちろん、そこまで辛いものが得意ではない人向けのメニューもある。前出の小浦氏が解説する。

蒙古タンメン中本の「味噌タンメン」
蒙古タンメン中本の「味噌タンメン」

「辛子麻婆豆腐がのっていない『味噌タンメン』(780円)は、辛さ3。ほどよい辛さで、スープの旨味をしっかり感じられる味噌ラーメンです。また、一切辛くない『塩タンメン』(750円)というメニューもあります」

『蒙古タンメン中本』の実店舗は関東近郊にしかないが、セブン&アイ・ホールディングスのプライベートブランドである「セブンプレミアム」とコラボしたカップ麺『蒙古タンメン中本 辛旨味噌』(204円)も販売中だ。前出・小浦氏が解説する。

「全国のセブン-イレブンやイトーヨーカ堂などで購入できます。店舗で食べる蒙古タンメンとは多少違いますが、その独特な辛さや旨味は十分に楽しめます。いわゆる“激辛”というほどの辛さではないものの、一般的なカップ麺のなかではトップクラスの辛さ。それを家庭で楽しめるという点では、とても貴重な商品です」

 辛党はもちろん、そうではない人々にも支持される『蒙古タンメン中本』。暑い夏のうちに体験してみるのもよさそうだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。