マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

消費増税対策 通信費と水道光熱費を大幅に圧縮する方法

2019年9月25日 16:00

家計の見直しポイントは少なくない

家計の見直しポイントは少なくない

「現金派の人も、今こそスマホ決済を始めたほうがいい」と語るのは、経済アナリストの森永卓郎氏。同氏は消費増税に先駆け、「スマホ決済生活」へ移行したという。

「政府が実施する5%ポイント還元に加え、スマホ決済の事業者が独自に10%、20%の還元を実施していることも珍しくありません。買い物をしたら、その金額の20%が戻ってくるのですから、やらない手はない」

 併せて考えたいのが、「通信費」の見直しだ。スマホが決済手段として生活必需品となるのであれば、「自宅の固定電話」が見直し対象になり得る。スマホ評論家の新田ヒカル氏が指摘する。

「固定電話は、基本料金やキャッチホン代などで、毎月最低でも2000円弱かかる。解約すると年間2万5000円近く浮く計算になります」

 スマホの契約についても、最適な契約プランを選べるように心がけたい。

「インターネットの通信容量については、動画を日常的に見ている人などを除けば、ニュースや天気を見る程度なら『3GB』プランで充分です。

 利用明細書を見たり、お客様センターに問い合わせたりすれば、どのくらいの容量を使っているかはすぐにわかります。最適なプランを選び直すことで、毎月の料金をさらに圧縮できる人は少なくないはずです」(新田氏)

 さらにドコモやau、ソフトバンクなど大手キャリア以外の「格安スマホ」に替える選択肢もある。通信事業者の中には「Y!モバイル」や「UQ」「楽天モバイル」などの格安スマホの事業者が存在する。

「格安事業者の場合、通信費と通話代合わせて1000円台というのも珍しくない。欠点として昼間は通信速度が遅いことなどがありますが、通話やインターネット程度なら問題ない。かつてはインターネット上での申し込みが主流でしたが、現在は大手家電量販店に窓口があって相談もしやすくなっています」(新田氏)

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。