マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

冬の定番「チゲ鍋定食」食べ比べ 大戸屋とやよい軒の違いは?

2019年11月24日 15:00

 温かい鍋料理を食べたくなる冬が到来。中でもピリッと辛いチゲ鍋で、体の芯から温まりたいという人も多いだろう。そこで、2大定食チェーン『大戸屋』と『やよい軒』でこの冬に販売されているチゲ鍋メニューをマネーポストの外食グルメ担当記者Aが実食比較した。

魚介の旨味を味わう大戸屋のチゲ鍋定食

大戸屋の『すけそう鱈とあさりのコク辛チゲ鍋定食』

大戸屋の『すけそう鱈とあさりのコク辛チゲ鍋定食』

 まずは、大戸屋がこの冬に期間限定で販売している『すけそう鱈とあさりのコク辛チゲ鍋定食』。価格は890円(税込み、以下同)、1食あたり556kcalだ。

 公式サイトの説明文によると、〈唐辛子の辛味に、あさりと白身魚などの魚介エキスと味噌を加えてコク深く。食欲をそそる味わいです〉と、魚介の旨味と辛さが特徴の出汁になっているという。

 具材は、揚げたすけそう鱈が2切れ、あさりが4つ、手作り豆腐、白菜、小松菜、しめじ、半熟卵。鍋以外には、ごはんと漬物がついてくる。記者Aは五穀ご飯を選択した。

「最初の一口は“おっ、辛そう”という印象でしたが、半熟卵の黄身をスープに溶かすことでかなりまろやかになります。全体的に魚介の旨味が強く感じられて、特にあさりの風味は結構主張しています。単調な味というよりは、いろいろな表情を持った味という感じでしょうか。辛さも激辛ではなく、まさに説明文の通り“コク辛”という感じです」(記者A・以下「」内同)

 具材は、すけそう鱈、あさり、豆腐がメイン。肉は入っていない。

「すけそう鱈が2切れとあさり4個という具材は、少し物足りなさを感じるのは否めません。基本的には野菜がメインのお鍋という印象です。豆腐はとても柔らかく、後半はかなり崩れてきてスープと一体化します。具を楽しむというよりも、野菜と豆腐と一緒にスープを飲み干すようなタイプのチゲ鍋です」

 スープはコクがあって深い味わい。ヘルシーかと思って五穀米を注文したが、雑炊にするなら白米も良さそうだ。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FXトラリピの成功者2人が語る「長期運用の秘訣」とは
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。