マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

無断キャンセルや店へのクレーム 罪に問われる「境界線」は?

2019年12月3日 7:00

店へのクレームで「脅迫罪」

 購入した商品やサービスに不備があり、店側に文句を言ったり返金を求めたりした経験は、誰しも一度はあるだろう。先方の対応に納得がいかなければ、「責任者を出せ」と食い下がることもあるかもしれない。

 しかし、そうしたいわゆるクレーム行為で警察に逮捕されることもある。近年は顧客による企業などへの嫌がらせを指す“カスハラ(カスタマーハラスメント)”という言葉も浸透しており、企業から「悪質だ」と判断されれば警察に通報される事態を招く。

「クレーム行為で、例えば『ふざけるな』と怒りを表わしただけならセーフですが、『ふざけるな、ぶっ殺すぞ』と言えば脅迫罪が成立します。刑法222条に定められた脅迫罪は相手の〈生命、身体、自由、名誉又は財産〉に対して害を加えることを伝えた場合に成立する」(鈴木弁護士)

 さらに、「脅迫に加えて『金を払え』など財産の交付を求めれば恐喝罪、土下座など相手に義務のないことを行なわせれば強要罪」(同前)の可能性もあるという。

 消費者としてどんなに“正義”のクレームだったとしても、怒りに我を失い一線を越えた時点で犯罪行為とみなされるのだ。

※女性セブン2019年12月13日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。