マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

年収850万円超会社員と自営業者の税負担増、どう対策するか?

2020年1月10日 7:00 女性セブン

額面年収1000万円の会社員の場合
額面年収1000万円の会社員の場合

 イデコやふるさと納税を駆使して税負担を減らす。そうすることで、税金額を抑えるだけでなく、年金の積み立てや返礼品がもらえるなどで、お得を味わえるというわけだ。そして、もう1つの対策は、夫婦で稼ぐことだという。

「世帯年収1000万円を目指す場合、夫1人だけの稼ぎより、共働きで500万円ずつ稼いだ方が支払う税金は少なくて済みます。もし、調整ができるなら、多少残業代が減ったとしても夫に仕事のペースを落としてもらって家事を分担し、妻の収入を上げる方が、長期的にみると家計の手取りは多くなると考えられます」(風呂内さん)

 一方、青色申告をしている自営業者やフリーランスは、「青色申告特別控除」が65万円だったが、55万円に減る。ただし、e-Tax(*)による電子申告を行うか、電子帳簿保存を行えば、65万円に据え置かれ、基礎控除の増額と合わせると控除額は10万円増え、減税となる。自営業者が税負担を減らすには、電子申告による青色申告が必須となる。

【*e-Tax‥‥正式名称を国税電子申告・納税システムといい、国税庁が運営する、国税に関する申告・申請・納税手続のオンラインサービスのこと】

※女性セブン2020年1月16・23日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。