マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

91才の母が直腸腫瘍から出血、延命治療を希望しなかった山口恵以子さんの判断

2020年3月13日 15:00 女性セブン

普段の相談が親の死生観を知る手がかりに

 本人が自分で決めたり伝えたりできない場合は、家族が本人の意思を代弁して、決断を迫られることがある。延命治療をどうするか、自宅に帰らずに病院で看取るか──人の命にかかわる決断をするのは、家族にとって精神的負担を伴い、医療者に任せてしまう人も少なくないという。

「終末期の患者ご家族に『胃ろうをどうするか』と聞いても『お任せします』と言われることがあります。『私は手を汚したくないから先生にお任せします』と言われたことも。これは医療知識とは別の話。

 大切な人の死について、家族なのに傍観者の立場にとどまり、考えてこなかったことの結果だと思います」(長尾さん)

 どんな最期であれ亡くなった後に「本当によかったのか」と後悔してしまうものだが、最善の判断をするにはどうすればいいのだろうか。長尾さんは、山口さんのように、日頃から親の死生観を理解しておけば、“母ならこう考えるかな”と判断しやすくなるという。

「例えばドラマや映画を家族で見ると、自然と感想が出てきますよね。すると親は『私は家で死にたい』とか『ああいう最期がいい』とか口にする。ちょっとした普段の雑談が、親の死生観を知る手がかりになります。親がどんな最期を迎えたいかという話は、お盆や年末年始に実家に帰ったときに突然切り出して話せることではありませんから」(長尾さん)

 昔の写真を探し出して、思い出話をするのも1つの方法だという。

「親が自分を抱っこしているような昔の写真を見れば、自然と親や自分の人生を振り返ることができるでしょう。リビングウィルノートを書くのもいいと思います」(長尾さん)

※女性セブン2020年3月19日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。