マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

夏場のテイクアウトに食中毒リスク、危ない食品を見分ける方法

2020年6月5日 15:00

家から10分以内で持ち帰れるところが理想的

 キッチンのスペースが足りず、客席として使うカウンターやテーブルの上で容器に詰める作業をする店も散見される。

「客席など普段調理に使っていない場所で盛り付けなどをすると、衛生管理が不充分な可能性がある」(一色さん)

 さらに、菌の増殖を防ぐためには、温度管理が欠かせない。多くの細菌は20~50℃で増えやすくなるといわれるため、なるべくその温度帯に晒さないことが求められる。食品表示アドバイザーで消費者問題研究所代表の垣田達哉さんが話す。

「夏の時期のデリバリーでは冷蔵設備のある配達車で運ぶならいいですが、自転車やバイクでは必然的に屋外の高温な場所に一定時間、置かれることになります。時間をおけばおくほど菌は繁殖するので、できれば家から10分以内で持ち帰れるところが理想的です。20分以上かかるところは避けた方がいいでしょう」

こんなテイクアウトとデリバリーには注意
こんなテイクアウトとデリバリーには注意

※女性セブン2020年6月11日号

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。