マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

暗証番号ボタンや古本は大丈夫? コロナで潔癖ストレスに悩まされる人たち

2020年6月3日 16:00

「コロナ以前、図書館はよく利用していましたが、当分は利用を控えるつもりです。これを機にすべてタブレットで読めるように、業者さんに頼んで、読みたい本や手持ちの本を電子化するのもアリなのかなと思っています」(Bさん)

 40代の男性会社員・Cさんは、食事のときの意識の変化を挙げる。

「これまでは洗い物を少なくしたいという思いもあって、家族での夕食は、大皿で取り分けるメニューも多かったのですが、いまは家族といえどお皿を共有しないため、最初から取り皿に分けるスタイル。料理をするときも、薄いゴム手袋をするようになりました。友人には、野菜を専用の洗剤で洗うようになった人もいます。でも正直、どこまで気にしたらいいのかわからないというのも本音。潔癖がストレスになってきているのも事実です」(Cさん)

 30代の男性会社員・Dさんは、出社時につり革を持たなくなった。支払いは極力キャッシュレスだが、「クレジットカードの暗証番号をボタン入力するときが気になる」という。

「不特定多数の人が触ったものに触れない、というのがお決まりじゃないですか。現金やカードの受け渡しもトレイになっていますよね。そこまでするのに、どうして暗証番号入力のときに、一緒に消毒スプレーをくれないのか。一回一回消毒しているようには見えないのですが……。

 ただ、先日行った店では、サインのときのボールペンが“消毒済み(使用前)”“使用後”という箱に分けられていて、考えてくれているところもあるんだ、と嬉しくなりました。徹底するならしてほしいです」(Dさん)

 ウイルスという見えない敵相手に、どこまで“潔癖”になればいいのか、なかなか悩ましい問題だ。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。