マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

コロナが変えた家計の消費 「コトからモノへ」の巻き戻しも

2020年6月20日 7:00

(2)「コトからモノへ」の巻き戻し

 次に、4月の1世帯あたり消費支出の内訳をみていきます。まず支出金額が減少したものについて概観すると以下のようになります。

【2019年4月→2020年4月】
・外食:14,562円→5,127円(名目増減率-65%)
・交通:7,983円→2,214円(-72%)
・旅行:9,762円→590円(-94%)
・入場・観覧・ゲーム代:3,131円→850円(-73%)
・被服及び履物:11,501円→5,199円(-55%)

消費支出金額が減少した主な項目(外食・旅行)
消費支出金額が減少した主な項目(外食・旅行)

 ご覧のように外食、交通、旅行など「外出」を伴う消費がことごとく大幅減となっています。特に旅行の94%減は衝撃的な数字です。入場・観覧・ゲーム代も、そもそもイベントやスポーツの試合が軒並み中止になっているので、こちらも大幅減。被服及び履物(つまりはファッション関連)も、店舗の休業に加え、外出機会が減ったことで需要も減ってしまったと考えられます。

 その一方で、支出金額が増加した項目は以下のようなものが並びました。

【2019年4月→2020年4月】
・麺類:1,392円→1,921円(名目増減率+38%)
・酒類:3,120円→3,823円(+23%)
・家事用消耗品:2,789円→3,579円(+28%)
・保健用消耗品:713円→1,631円(+129%)
・パソコン:852円→1,519円(+78%)
・ゲーム機:39円→68円(+74%)

消費支出金額が増加した主な項目(酒類・家事用消耗品)
消費支出金額が増加した主な項目(酒類・家事用消耗品)

 麺類、酒類などの食料品や、家事用消耗品(ティッシュペーパー、トイレットペーパー、洗剤などの日用雑貨)と、家庭で消費する日用品の増加がみられるほか、衛生用の保健用消耗品(マスク、ガーゼなど)は倍以上の伸びとなりました。また、おそらくテレワークへの対応のためと思われるパソコンの購入も急増。家での時間を楽しむためか、ゲーム機も大きく伸びています。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。