マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

コロナが変えた家計の消費 「コトからモノへ」の巻き戻しも

2020年6月20日 7:00

 以前のコラムでもお伝えした博報堂生活総研の「消費意欲指数」では、毎月1,500名の生活者に翌月の消費意欲がどうなりそうか0~100点で予想をしてもらっています。これによれば、5月は42.5点と依然低迷(5月としては調査開始以来最低)。ただ、6月は47.9点と大幅反発(6月としてはここ5年で最高)していて、明るい兆しも見えはじめています。特に消費したい分野についても、外食やレジャー、旅行など「コト」への意欲が戻りをみせる結果になっています。

 緊急事態宣言も解除され、徐々に市中に人が戻りつつある現在ですが、消費もそれに連れて戻ってくるのかどうか。「モノ」「コト」を巡る消費の流れはどうなっていきそうか。引き続き注視していきたいと思います。

2020年6月の「消費意欲指数」は47.9点
2020年6月の「消費意欲指数」は47.9点

◆レポート/三矢正浩(博報堂生活総合研究所 上席研究員)

参考情報
〇総務省「家計調査」
参考URL:https://www.stat.go.jp/data/kakei/sokuhou/tsuki/index.html

〇博報堂生活総合研究所「消費意欲指数」
調査地域:(1)首都40km圏(2)名古屋40km圏(3)阪神30km圏
調査期間:2020年5月7日(木)~11日(月) 2012年4月から調査開始/毎月上旬に実査)
調査対象者:20~69歳の男女1,500人
対象者割付:調査地域(1)~(3)各500人を各地域の人口構成比(性年代)に合わせ割付
調査方法:インターネット調査
参考URL:https://seikatsusoken.jp/shohiyoho/2020-06/

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。