マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

暗証番号を口頭で… キャッシュレスに挑戦した高齢者の赤っ恥事件簿

2020年8月16日 16:00

「操作もひと通り予習してコンビニに行ったのですが、支払い時に決済画面が開かない。飛沫感染防止シート越しに店員さんにスマホを渡そうとしても“コロナ感染予防のため、操作はご自身でお願いしています”と取り合ってくれない。そうこうしているうちに、レジ待ちの行列ができてしまった。感染予防で間隔を空けて並んでいるから、すぐに列が長くなってしまって凄いプレッシャーです。いたたまれず現金で支払いを済ませました」

 ほかにも「慣れてきたので財布を持たずにスーパーに行き、1万円近い額になるまとめ買いをして、レジで颯爽とスマホを差し出したら、まさかのバッテリー切れ。かごの中身をすべて戻す羽目になった。こういうご時世だから、一度誰かが触った商品にはみんな手をつけたがらない。周囲から白い目で見られて、もの凄く悪いことをしているような気分になった」(70代女性)、「キャッシュカード決済は手書きでサインするものだと思い込んでいたら、店員に暗証番号を求められた。咄嗟に“○○○○です”と数字を口頭で答えたら“お客様、こちらの機械に入力を……”と言われ大恥をかいた」(70代男性)といった失敗談が聞かれた。

 キャッシュレス決済に悪戦苦闘するのは消費者だけではない。都内の個人タクシードライバー(60代)がぼやく。

「組合の方針で一斉にスマホ決済を導入したが、ドライバーは60代後半から70代が中心で、機械の使い方が分からない人が多い。私も配布された機械やステッカーはトランクに積んだままです。ただ、コロナ後はお客さんに“キャッシュレスじゃダメなの?”と聞かれることが増えて……。乗り慣れた人に“あれ? お宅の(タクシー)組合はスマホ決済を導入したはずでは?”と詰め寄られ、しどろもどろになってしまったことがある」

“新しい支払い様式”の広がりは、「便利は不便の始まり」という言葉も想起させる──。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。