マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

レジ袋有料化のストレスいつまで 店員との会話、袋詰めタイミング…

2021年1月13日 19:00 マネーポストWEB

コンビニでは結局レジ袋を購入することに

 建設業界で働く30代の男性・Bさんは、日常的にスーパーとコンビニを利用する。エコバッグ持参とレジ袋購入のどちらも経験したうえで、「コンビニだけはレジ袋に戻してほしい」と本音を漏らす。

「レジ袋有料化で、コンビニの“手軽に早く買える”というメリットが消えてしまったように感じます。袋詰の台がないので、以前よりもレジが混むようになり、ストレスが増えました。たとえエコバッグを持っていても、お弁当はもちろん、おでんやホットスナックも、こぼれそうで心配。結局レジ袋を購入しています」(Bさん)

 スーパーでもレジ袋を購入しているBさん。ある時、1枚ではギリギリ商品が入りきらないと判断したため、2枚の購入を希望した。しかし、実際に詰め込んでみると1枚で済んでしまった。Bさん曰く、1枚余分に買ったことは気にならないものの、何だかモヤモヤするという。

「別に余分に買ったことはいいんですけど、レジ袋が無料なら、こんなことで悩む必要もないというか……。いちいち袋の容量を考えたり、ちょっと損した気分になることもないわけですよね。自分は人間が小さいケチなんだな、と実感しました(笑)」(Bさん)

 PR代理店で働く20代の女性・Cさんは、Bさんが指摘するコンビニの「レジが混む」問題にヒヤヒヤしている1人。レジが混むのはわかっているが、持参したエコバッグへ袋詰めをする正解のタイミングがわからない。どの段階で袋詰めすべきなのか、いつも迷っているという。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。