マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

79才タクシー運転手の嘆き「20時間働いて1万円。笑っちゃいますよ」

2021年2月4日 7:00 女性セブン

 ちなみに、コロナ前は平均で、1回勤務で最低5万円は売り上げていたという。収入減だけではない。狭い車中の換気をどうするかという問題もある。

「後ろでゴホンと咳をされたから、窓を細く開けたら、『オレはコロナじゃねえよ』と怒られちゃって。それ以来、考えちゃうんですよねぇ……。自分が咳込むときもそう。窓を開けると、自分がコロナの可能性があると言っているみたいで……」

「運転手さん、年は?」
「79才。もうとっくに引退してもいい年なんだけど、ちょっと事情があって、働かないとならないんですよ」

 その“ちょっとした事情”を聞いた。かいつまんで話すと、景気のいい時代、運転手さんはギャンブルにはまった。

「ギャンブルって何? 私は麻雀から20年抜け出せなかった。いまはもう面倒でやる気ないけど、あんなに面白い遊びはないといまも思うよね」

「……そうか。お客さんもか。実はオレもそうでね」

 運転手さんの口調が、「私」から「オレ」になった。

「借金まみれでどうにもならなくなって、オレ、一度、家庭を捨てて東京から逃げちゃったんだよ。それで地方で働いたんだけど、謝って、1年で帰ってきたんだ。そう、出戻りの身なんで、カミさんに月々お金を渡さないとご飯も食べにくいっていうか」

 それを「ふむふむ」と聞いている私も、ここに書くのに気が引けるくらい、バカでダメ人間だった。真人間になった(?)いまなら、当時の私のような人間とは絶対につきあわない。当時は、他人にも自分にもよくウソをついていた。麻雀をぶっ通しでやっていても仕事が忙しかったフリをするし、お金はなくてもあるフリをする。

 その雀荘で卓をよく囲んだのが、タクシーの運転手さんたちだった。麻雀が終わった後、居酒屋でビールをおごってもらったり、負けて涙をためていたら慰めてくれたり。いわば地獄の1丁目でたむろしていたときの仲間だと、私は勝手に思っているわけ。

 それだけじゃない。タクシーの運転手さんに人生のピンチを救ってもらったこともある。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。