トレンド

公式直販サイトそっくり「偽サイト」の巧妙手口 激安品は疑うべし

本物そっくり!ダイソンの偽サイト

本物そっくり!ダイソンの偽サイト

ダイソンの公式サイト

ダイソンの公式サイト

 では、本物と偽サイトはどこで区別できるのか? 国民生活センター相談情報部の森澤槙子さんが話す。

「どの偽サイトにも共通するのが“低価格”。ブランド品で激安すぎるものは疑わしいと思った方がいいでしょう。2つ目が“URL”。いくら似せてもURLは同一にはできません。たとえば、ニトリの偽サイトは『mitori』、ダイソンの偽サイトは『yoDyson』などと、少しどこかが違っています。そんな偽のURLを消費者庁ホームページで公開しています」

 そして、3つ目は“決済”。個人の口座への振り込みを指定する場合は、ほぼ詐欺だ。4つ目は“不自然な日本語表記”で、5つ目は“会社概要や電話番号のいい加減さ”が挙げられる。ただし最近は偽サイトの巧妙さが増しているので、注意が必要だ。

 もし偽サイトにお金を振り込んでしまった場合は、金融機関と消費者ホットライン(188)へ連絡しよう。

※女性セブン2021年3月4日号

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。