マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

安物大量買いは買い物依存への一歩 「倹約脳」をどう育てるか?

2021年3月25日 19:00

「ムダづかい脳」を叩き直す9の法則
「ムダづかい脳」を叩き直す9の法則

「外出自粛中だから」と、通販にネットスーパー、デリバリーサービスをフル活用。「久々の買い物だから」と、洋服や日用品を大量購入……毎度のことながら、後悔先に立たず。何度も繰り返してしまうそのムダづかい、実は「脳」を変えればやめられるのだ。

 ついつい100円均一やディスカウントショップで買いすぎてしまう人は多いだろう。安物買いの銭失いばかり繰り返していると、欲しいものを手に入れることではなく「買うことそのもの」が喜びになり、買い物依存症になる可能性もある。脳神経外科医の菅原道仁さんが解説する。

「ウインドーショッピングをしていて“素敵!”と思ったとき、脳ではドーパミンという快楽物質が出ています。これは恋をしているときや難しい課題に直面しているときにも出るホルモンで、本来は目標を達成する意欲を起こすためのもの。狙っているものを手に入れたり問題を解いたりして達成感を味わうと、ドーパミンによって脳の報酬系が刺激されて快感を得ます。

 しかし、この快感は一時的なもので、しかも依存性がある。これが衝動買いを繰り返す原因になります。その場で欲しいと思っても買わずに帰って、それでも3回、欲しいと思ったら買ってもいいなど、ルールを決めましょう。本当に必要なら、何日経っても欲しい気持ちが消えないはずです」

「安いからといって買いすぎてしまう」という人は、あらかじめ買い物メモを用意して、書いてあるものを買ったらすぐに立ち去るなど、脳を落ち着ける習慣を持つといい。

 そもそも、こうした低価格帯の店内がごちゃごちゃしたレイアウトになっているのも、実は「あえて」だ。迷いながら目的のものや魅力的な商品を見つけると、“こんなに探したのだから、買わないと損”と思ってしまう。脳科学者の杉浦理砂さんが言う。

「目的の商品が簡単には見つからないようにすることで客の動線と滞在時間を延ばし、目に留まる商品を増やしています」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。