マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

60才過ぎてからの家計の見直し「やめるべきチェックリスト」

2021年3月28日 7:00 女性セブン

 現役時代は、子供の学校関係や給与の受け取りのために、指定口座を新たに開設することもあっただろう。しかし、60才を過ぎたら新規口座の開設はおすすめしない。複数の口座を持っている人も、早めに整理しておこう。ファイナンシャルプランナーの山口京子さんが言う。

「最近はネットで簡単に開設でき、通帳がない証券会社や銀行もありますが、亡くなったら誰にも気づかれず、ほったらかしになってしまいます。60才を過ぎたら、口座は把握しやすいように、できるだけコンパクトにしておくのが鉄則。銀行の中には、解約するために開設した支店まで足を運ばなければならないところもあるので、元気に歩けるうちに済ませておきましょう」(山口さん・以下同)

 コロナ禍が落ち着いたら、海外旅行へ出かけて、夫婦水入らずの時間を過ごす予定の人もいるかもしれない。長い現役時代を終え、羽を伸ばしたくなる気持ちはわかるが、気をゆるませてはいけない。

「退職金の使い道で多いのが、旅行と車の購入です。『元気に海外旅行できるのは最後かもしれない』『いい車に乗れるラストチャンス』と、フンパツする人も多い。本人たちにとっては、これまでがんばってきたご褒美なのでしょうが、現代は想像以上に老後が長くなりました。60代のうちに退職金を使い込んでしまうと、老後資金が足りなくなります」

 老後を快適に過ごすためにも、財布のひもはゆるめてはいけない。

※女性セブン2021年4月8日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。