マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

住まい・不動産

子供が「実家を処分して」とお願い 何も考えずに従った高齢者の悲劇

2021年7月2日 15:00 週刊ポスト

 ただし、自宅を残し続けることにデメリットがあるのもたしかだ。将来、誰も住む人がいない場合には自宅の維持や管理の手間がかかり、相続時にはトラブルの種になりやすい。また、田舎の家では買い手がつかずに売却できないこともある。

 そこで、折衷案として小谷氏は「子供と自宅の処分方法を話し合っておくとよいのではないか」と指摘する。

「子供たちは実家の処分にかかる手間や費用を気にしている面もあるので、親の死後にどういう段取りにして、お金をどう工面するのかといったことを相談しておくのです。もちろん、親の足腰が悪くなるなどして、存命中に引っ越しが必要になることもある。そういう場合も、相談しておいた手順で処分し、すぐに子供が駆け付けられる距離に中古マンションを購入するか、賃貸で移り住むのがいいのではないでしょうか」(小谷氏)

「住めば都」とは言うが、歳を重ねてからの環境の変化に大きなリスクが伴うことをよく理解しておく必要がある。

※週刊ポスト2021年7月9日号

「不動産」関連記事

【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
【無料】不動産を高く売却するなら、ソニーグループのSRE不動産
買った時よりも高く売れた事例も!?まずは今の売却価格をチェック!
買った時よりも高く売れた事例も!?まずは今の売却価格をチェック!
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。