マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

スマホの小容量プラン続々 ますます“プラン迷子”になる人たち

2021年8月17日 16:00 マネーポストWEB

スマホの小容量プランの選択肢が増えたことで、どうすべきか迷う人たちも
スマホの小容量プランの選択肢が増えたことで、どうすべきか迷う人たちも

 今年3月、大手キャリア3社がデータ容量20GBで月額2000円台の新料金プランを開始したのは記憶に新しい。“価格破壊”と大きな話題になった一方で、小容量プランを望むユーザーにとっては不満が募る形となっていた。

 だがここ最近、大手キャリアの小容量プランをめぐる動きが活発化しつつある。6月にauのサブブランド「UQ mobile」の「くりこしプランS」の「でんきセット割」、7月にはソフトバンクが「LINEMO(ラインモ)」が「ミニプラン」で、ともに3GBで月額990円(税込み、以下同)で利用できるようになった。これまで以上に選択肢が広がったことでありがたい反面、乗り換え先の選定に頭を抱えている人も少なくないようだ。

「正直、ドコモの『ahamo(アハモ)』の発表よりも、個人的にはLINEMOのミニプランの方が衝撃的でした」

 そう語るのは、印刷会社で働く30代男性・Aさんだ。現在は格安SIMを利用しており、8GBで1500円程度のプランを契約しているが、データ容量を使い切ることがないため、他社への乗り換えを検討している矢先の発表だった。

「当初は、『ahamo』『povo(ポヴォ)』『LINEMO』も確かに安いとは思いましたが、20GBを使わないのに2000円代後半払うことに抵抗があり、乗り換えに躊躇していました。OCN モバイル ONEの3GBで月額990円のプランにしようと思っていましたが、まさかLINEMOまで同じ価格になるとは……。他にも楽天モバイルだったら、3GBまで1078円、1GBまでなら0円となるのも魅力的です。一体、どれにすればいいのか迷います」(Aさん)

 IT企業に勤める20代女性・Bさんは、楽天モバイルを利用中だ。ahamo、povo、LINEMOの20GBプランが出そろい、ahamoに乗り換えようと考えていたが、今年4月に“ある事情”から楽天モバイルに回線を切り替えた。

「当時、占いにハマっていたので、運の良い携帯番号に替えたくて仕方ありませんでした。楽天モバイルは新規契約で電話番号を選べたのと、1年無料キャンペーン中だったこと、さらに楽天モバイルを使っている友人の勧めもあったことから、あまり調べずに勢いで契約しました」(Bさん)

 それから約4か月たった今、他社に追加で新規契約するか、楽天モバイルから他社に乗り換えるか迷っているという。なぜなのか。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。