マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

「PS5」発売から約1年でまだ品薄 ゲームファン「もう20回以上落選してます」

2021年10月18日 16:00 マネーポストWEB

 一方で、あえて“店頭販売”を狙っているというゲームファンもいる。神奈川県在住の男性・Bさん(30代会社員)は、毎朝TSUTAYAを覗くのが習慣になっている。

「以前、SNSで“TSUTAYAでゲリラ的にPS5を店頭販売していた”という投稿を見たことがあって、それ以来、毎朝出社前に自宅の最寄駅前のTSUTAYAと会社の近くにある大規模なTSUTAYAのゲームコーナーを覗くことにしています。現時点ではまだ売っていたことはないのですが、いつか買えるんじゃないかと淡い期待を抱いて……」(Bさん)

 ディスクドライブを搭載した通常モデルのPS5の希望小売価格は5万4978円、ディスクドライブなしの「デジタル・エディション」は4万3978円だ。フリマサイトなどでは、高額での出品も多い。前出・藤井氏が語る。

「転売を防止するために、各オンラインショップでは過去に購入履歴がある人のみに販売したり、ショップの会員カードが必要だったりといった形で、購入資格のハードルを高くしています。しかし、フリマサイトなどでは、転売目的の出品がまだまだ見受けられる状態。通常モデルのPS5であれば、8万円台後半から10万円くらい、デジタル・エディションなら7万円から8万円くらいの価格となっています。この価格からも、いかにPS5が品薄であるかがうかがえます。また、PS5の品薄状態は、2022年になっても解消されないと予測されており、この状況は簡単に変わらないでしょう。

 一方で、『Nintendo Switch(有機ELモデル)』も当分は品薄状態となりそうですが、同じソフトがプレイできる旧モデルの『Nintendo Switch』や『Nintendo Switch Lite』も購入可能ということで、PS5に比べて早い段階で品薄が解消されるのではないかと予測できます」

 新しいハードが登場するのはゲームファンにとって歓迎すべきことだろうが、手に入らないければ意味がない。ゲームファンの懊悩はまだまだ続きそうだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。