マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

50代貯金ゼロからの老後資金づくり 「保険に入らない」「投資はiDeCo」他

2021年12月24日 16:00 女性セブン

保険はどうする?高額療養費制度を使えば、医療費はこれだけ戻る(70才未満の場合)
保険はどうする?高額療養費制度を使えば、医療費はこれだけ戻る(70才未満の場合)

 厚労省・金融広報中央委員会が2019年に行った調査によれば、世帯主が50代の2人以上世帯のうち、貯金がゼロの割合は21.8%だった。では「50代で貯金ゼロ」の人は、老後の生活を見据えてどのような対策を取ればよいのだろうか。

 ファイナンシャルプランナーで社会保険労務士の井戸美枝さんに、「もし自分が50才の時点で貯金がゼロだったらどうしていたのか」を考えてもらうとともに、具体的なアドバイスを聞いた。

保険はどうする? 現金をつくることが先決!

 そもそも井戸さんは、医療保険と生命保険に入っていない。

「生命保険は、私が亡くなっても生活面で困る人がいないので入っていませんが、夫には子供の教育費がかかる時期に入ってもらいました。医療費も、高額療養費制度を使えば、それほどかかりません(別掲表参照)。たとえば、50才で年収500万円の人が約30万円かかっても、実際の負担額は8万7430円で済みます。100万円程度の貯金があれば、保険に入る必要性は少ないと思います。貯金がゼロだったら、損失が大きくリカバリーできないことに保険を使います」

 では、保険はやめるべきか。

「生命保険は子供の教育資金が不要になったタイミングで解約してもいいと思います。予定利率の高い時期に加入し、解約返戻金が入る保険なら、そのままおいておきます」

厚生年金に入る働き方をする

 専業主婦などをしていて収入のない50代もいる。そういう人はどうすればよいか。

「これまで専業主婦だったとしても、とにかく働き始めます。パートでも、従業員数が501名以上の企業で、週20時間働くなどして、厚生年金に入れる働き方をします。厚生年金であれば70才まで加入でき、収入と期間に応じて将来的にもらえる年金が増えますから」

 たとえば、50才から70才まで年収200万円(手取り160万6700円)を稼いだ場合、将来もらえる年金は、老齢基礎年金に加え、老齢厚生年金が年22万3600円加算される

「万が一、病気やけがで自分が働けなくなったときも、厚生年金に入っていれば、障害手当金がおりるなど、保障が手厚いので、入っていて損はありません」

 夫の扶養の範囲内と気にする必要はなさそうだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。