マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

せっかく買ったのになぜお蔵入り?高圧洗浄機「うちには合わなかった」失敗談

2022年2月8日 16:00 マネーポストWEB

ベランダで使用したら下の階からクレーム

ウッドデッキが削れないように水圧の強さにも注意が必要(写真:アフロ)
ウッドデッキが削れないように水圧の強さにも注意が必要(写真:アフロ)

 近所からクレームが来た人もいる。印刷会社に勤める40代・男性Bさんは、ハトの糞と砂だらけになった自宅マンションのベランダを清掃するために、高圧洗浄機を購入した。

「晴れた日の方が気持ちよく掃除できるだろうと思い、休みの日の昼間、高圧洗浄機でベランダ清掃をスタート。初めのうちは予想外の騒音と水しぶきの激しさに戸惑いましたが、汚れが取れる爽快感が病みつきになりました。ベランダではエアコンのフィルター掃除もしましたが、汚れが取れて、気分もさっぱりでした」(Bさん)

 だが、この掃除がトラブルを招くことになった。ある日、Bさんが掃除していたところ、妻が血相を変えて『今すぐやめて!』と訴えてかけてきた。

「下の階の住人からクレームが来たんです。『うるさすぎる。子供が起きた』『洗濯物や布団に汚水がかかった。どうしてくれる!』などと怒られてしまいました。慌ててきちんと謝罪したうえで、クリーニング代も負担しました。下の階の住人が洗濯物を干さないであろう雨の日ならOKかもと思いましたが、トラブルに発展したくないのでしていません。今はブラシを使って汚れを落としています。使っている人の話を聞くと、やはり騒音や水しぶきに関する周辺トラブルは割とあるようなので、注意が必要ですね。近隣に住む人への配慮が足りなかったと反省しました」(Bさん)

老朽化していた外壁やタイルが壊れた

 水圧が強いことは知っていたものの、実際に使ってみるとあまりの予想外の強さに戸惑った人もいる。50代主婦・Cさんが語る。

「自宅で高圧洗浄機を使ったところ、風呂場のタイルが割れたり、外壁の一部が剥がれたりしました……。いくら家が老朽化していたといっても、そのパワーにはびっくり。ウッドデッキも削れたようで、乾いた後に見てみるとあちこち木の粉のようなものが飛び散っていました。ただし、ノズルを工夫することで出力を調整するなどして、削らないようにすることはできたはず。私の使い方が悪かっただけです……。買ったらまずは“試し洗浄”をすべきでした。

 結局、私には高圧洗浄機の取り扱いは難しく、水圧や小回りの面で、ポンプで圧を加えて水を噴射できる加圧式スプレーや蓄圧式噴霧器を重宝しています」

 高圧洗浄機への期待が大きかった分、実際に使ってみて「うちには合わなかった」と気づいた時の落胆も大きかった様子。さまざまなタイプのものがあるだけに、自分の住環境も踏まえたうえでしっかり吟味して選びたい。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。