マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

中川淳一郎のビールと仕事がある幸せ

「引っ越す必要ある?」フルリモート勤務なのに転勤を言い渡された40代会社員の困惑

2022年3月26日 16:00 マネーポストWEB

A氏が毎朝楽しんでいる、唐津の海での「SUP」
A氏が毎朝楽しんでいる、唐津の海での「SUP」

 現在は会社もリモートワークを導入していますが、今後、完全出社勤務スタイルに戻る可能性はあるでしょう。また、緊急対応で出社が必要な時、さすがに東京と唐津は遠過ぎる。そういった意味で本社配属になった以上、常識的に通勤できる場所に住まなくてはならない、という会社のルールがあるのかもしれません。

 しかし、A氏はどこか釈然としないようで、この時送別会に一緒に参加した地元企業のB氏にこう持ち掛けていました。B氏も単身赴任で、会社のオフィスと同じ建物に寝室・風呂・トイレがあって、そこに住んでいます。

「Bさん、オレ、そこに住ませてもらえませんか?」

 さすがにそれは無理な注文ですが、それだけ唐津に残りたいという気持ちが強いことは分かりました。

リモートワークならどこでも仕事ができるのだが(イメージ)
リモートワークならどこでも仕事ができるのだが(イメージ)

 コロナで一部ホワイトカラーにはすっかり定着したリモートワークですが、この働き方は「異動」「転勤」の概念を変えてしまったのかもしれません。2年前までは、異動・転勤となったらそのオフィスに通いやすい場所に引っ越す、というのが常識的な働き方でした。出社勤務が当たり前の時代、定期的に朝礼やら部署会などに参加するためにも、それは合理的な考えだったのです。

 ちなみに現在、一部企業は、国内であれば全国どこでも働ける制度を導入していますが、こうした動きは他の企業にも広がるのでしょうか。

 リモートにすっかり慣れてしまったA氏は今回の異動・転勤に困惑しています。これから同氏はいかにしてこの状況に対応していくのか。一つの働き方として注視したいと思います。

【プロフィール】
中川淳一郎(なかがわ・じゅんいちろう):1973年生まれ。ネットニュース編集者、ライター。一橋大学卒業後、大手広告会社に入社。企業のPR業務などに携わり2001年に退社。その後は多くのニュースサイトにネットニュース編集者として関わり、2020年8月をもってセミリタイア。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』(光文社新書)、『縁の切り方』(小学館新書)など。最新刊は『炎上するバカさせるバカ 負のネット言論史』(小学館新書)。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。