マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

日本生命が確定給付企業年金の利率引き下げの衝撃 会社任せでは老後資金作れぬ時代

2022年5月3日 16:00 週刊ポスト

確定給付型企業年金(DB)のしくみ
確定給付型企業年金(DB)のしくみ

 この先、医療の進歩によって人生100年どころか、「人生120年時代」が到来する――そんな予測が専門家の間で語られるようになった。

 すでに「超超高齢社会」に向けて、様々な制度改革が進みつつある。医療費は2022年10月から、75歳以上の後期高齢者で「一定の所得がある人」(年金などの収入合計が単身で年200万円以上、夫婦で320万円以上など)は自己負担割合が1割から2割に上がる。

 そうしたなか、最大の不安要素は「老後資金の確保」だろう。金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査(2021年)」によると、60代で預貯金などの金融資産が500万円未満の世帯は4割に迫る(39.5%)。

 2019年には「(公的年金の収入だけでは)老後20~30年間で約1300万~2000万円が不足する」という「老後資金2000万円不足問題」が物議を醸した。「人生120年時代」となればこの金額では済まなくなる。家計の見直し相談センター代表・藤川太氏が語る。

「今年4月から公的年金の支給額が0.4%減額されています。今回は現役世代の賃金が減ったことが原因ですが、この先も年金が目減りし続けるのは必至です」

 別掲のキャッシュフロー表は、ある平均的なサラリーマン世帯の老後資金の推移について藤川氏が試算したものだ。

何も運用しないと老後破産のリスクも
何も運用しないと老後破産のリスクも

「50歳で預貯金が500万円あっても、何もしなければ貯蓄を取り崩すばかりで、80歳を迎える頃には預貯金は200万円まで減り、89歳で底をついて『老後破産』に陥ってしまう」(藤川氏)

 そうした不安が渦巻くなか、最近、経済誌などで“理想の老後像”の表現として登場したのが「プラチナ世代」というフレーズだ。作家の故・渡辺淳一氏が用いた造語で、シルバーほど地味でもなく、色あせず輝き続けるという意味だという。“長い老後”をプラチナにできるか、それとも「老後破産」で“ブラック”に転落するのか――。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。