突然マルサがやって来た!

【第5回】六本木のキャバクラはとにかく高いぞ!? 1週間で飽きた | 突然マルサがやってきた!

 ヒルズクラブに繰り出すのはたいてい、仕事が終わった夜。当然、帰りは遅くなります。そのころの僕は、埼玉県内の会社の片隅にある、わずか2畳のキタナイ小部屋で寝ていました。

 実家にも寝床はあるけれど、帰るのが面倒で仕事が終わると会社でそのまま寝てしまうのです。

 そんな面倒くさがりの僕ですから、当然、六本木から埼玉まで帰るのもだんだんおっくうに思えてきます。電車は混むからあんまり乗りたくないし、かといってタクシーを使うと1万円以上かかってしまいます。

 さすがにもったいないと思うようになりました。何より、ヒルズで気持ちよく酔った後に、キタナイ部屋に帰りたくない。そのままヒルズで眠ってしまいたいのです。

 そこで、いよいよ僕は、ヒルズの中にあるマンション、「六本木ヒルズレジデンス」への入居を考えるようになりました。

 インターネットで調べてみたところ、このレジデンスは4棟あって、そのうち1棟は家具や生活に必要なものがそろったサービスアパートメントだということがわかりました。

 いくらヒルズに豪華なマンションを借りても、自宅や会社にある安っぽい家具を置くのも興ざめです。だからといって、いつお金がなくなって退去するハメになるかわからないのに、高級家具を買うのはリスクが大き過ぎます。

 FXではほとんどリスクを考えなかった僕ですが、こういうときにはなぜかリスクを計算してしまうのです。

 家具付きマンションなら、そこに見合う家具が全部そろっているわけですから、まさに僕にピッタリ。さっそく、この棟に空きがないかを電話で問い合わせると、「ある」ということなので見せてもらうことにしました。

 案内してもらった部屋は、広々とした1ベッドルームタイプ。普段寝泊りしている雑然とした部屋とは似ても似つかない、高級ホテルのスイートのような豪華な部屋でした。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。