マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

「食品添加物は安全」の前提で「無添加」表記なくなる 一方で着色料や保存料にリスク懸念も

2022年5月14日 7:00 週刊ポスト

健康被害が懸念される添加物一覧【1】
健康被害が懸念される添加物一覧【1】

「過酸化水素水不使用」と表記できない

 着色料と並んで使用頻度が高い「保存料」にも健康被害の報告がある。抗菌性タンパク質の「ナイシン」がその一つ。

「ナイシンの成分は抗生物質のため、摂取し続ければ耐菌性が出現して抗生剤が効かなくなるリスクがあります。食品添加物としての使用を禁止する国は多く、EUではチーズなどの乳製品にのみ使用が許可されています。ところが日本ではチーズだけではなく、食肉製品やドレッシング、パスタソース、マヨネーズ、洋菓子など様々な食品に使用されている」(郡司氏)

 ハムやソーセージなどの加工肉などに使われる保存料「ソルビン酸カリウム」も健康被害のリスクが無視できないという。

「体内で生成される亜硝酸ナトリウムと合わさると発がん性物質ができます。さらに動物実験では肝臓肥大や成長抑制、染色体異常が起こることも確認されています」(同前)

 加工肉には、肉を綺麗なピンク色に保つ発色剤の「亜硝酸ナトリウム」が使われるケースも多い。

「この添加物は別の物質と組み合わさると毒性が強まる『相乗毒性』があり、人の胃の中や食肉に含まれる『アミン類』と結合すると、『ニトロソ化合物』という発がん性物質が生成されることがわかっています」(同前)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。