マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

米国経済を牽引した「GE帝国」の盛衰 数字のみ追い求めガバナンスを軽んじた末路

2022年10月4日 19:00 週刊ポスト

GEはどこで足を踏み外したのか(時事通信フォト)
GEはどこで足を踏み外したのか(時事通信フォト)
『GE帝国盛衰史──「最強企業」だった組織はどこで間違えたのか』(著・トーマス・グリタ、テッド・マン/訳・御立英史)
『GE帝国盛衰史──「最強企業」だった組織はどこで間違えたのか』(著・トーマス・グリタ、テッド・マン/訳・御立英史)

 国家を代表するような巨大な企業であっても、その栄華が永遠に続くわけではない。その好例が、米国のゼネラル・エレクトリック(GE)社だろう。「最強企業」はいかにしてその企業価値を失っていったのか──。ノンフィクション作家の岩瀬達哉氏が、話題書『GE帝国盛衰史──「最強企業」だった組織はどこで間違えたのか』(トーマス・グリタ、テッド・マン・著 御立英史・訳/ダイヤモンド社)を読み解く。

 * * *
 発明家トーマス・エジソンの電球からスタートしたゼネラル・エレクトリック(GE)は、140年近い歴史にわたって米国経済を牽引し、「2000年のピーク時には、米国で最も価値のある企業」と称された。

「世界の電力の3分の1を発電」する原子炉や巨大な発電タービンのほか、ジェットエンジン、精密医療機器の超音波診断装置を製造。一方で、大衆向けの洗濯機、トースター、テレビなど「目眩がするほど多様な製品」を生み出し、その企業価値は「6000億ドル」(当時のレートで61兆2000億円)にまでのぼったが、いまやそのかけらほどの値打ちもない。

 伝統あるコングロマリットの衰退は、その絶頂にはじまっていた。「同世代で最も偉大な経営者」と呼ばれていたジャック・ウェルチは、この時、みずから後継者を指名。しかし亡くなる直前、怒りとともにこぼしている。「最善の選択だと思ったが、そうじゃなかった」

 最後まで気づかなかったようだが、誰を指名していてもGEは成長どころか、凋落の一途をたどっていた。理由はウェルチの数字への異常なこだわりだった。

 ウェルチの求めた厳しい利益目標を埋め合わせる方法もまた、数字の操作だった。部下たちは「投資家保護のために義務付けられている会計処理のルールを拡大解釈したり、裏をかいたり、ときには無視していた」。こうして水増しされた利益を「攻撃的会計処理」と呼び、金融サービス部門のGEキャピタルを打ち出の小槌として使うことで、必要な現金を調達していたのである。この一連の操作は「GE社内では『麻薬』と呼ばれていた」。一度はじめると、やめられなくなるからだ。

 ウェルチから二代目、三代目のCEOにあっても、「最後に勝つのは気合いと根性だという、フットボールのコーチのような精神論」は消えることはなかった。数字のみを追い求め、ガバナンスを軽んじたとき、帝国はいとも簡単に崩れ落ちる。現代社会への警告のように響く。

※週刊ポスト2022年10月7・14日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。