マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資のプロたちが選ぶ「老後資金の運用先」となり得る有望銘柄は

2018年7月13日 17:00

 ケイ・アセット代表の平野憲一氏もIoTやAI関連などのハイテク株に注目し、「長期的な成長が見込まれている以上、老後資金の運用先として検討したほうがいい銘柄となってくる」とする。

「具体的には、大手企業向けの大規模システム開発を手がけ、サイバー攻撃に対抗するセキュリティ技術に強みを持つアドソル日進(東証1部・3837)。警視庁など公共機関向けのシステム開発に強く、保守・運用・セキュリティサービスも手がけるフォーカスシステムズ(東証1部・4662)。ネットの継続従量課金向けのプラットフォーム『Bplats』の開発と提供を行なっているビープラッツ(マザーズ・4381)などを挙げておきたい」

 一方、マーケットバンク代表・岡山憲史氏は前述したような日本企業の好調な決算に着目し、今後も着実に業績拡大が見込まれる銘柄を選択肢に挙げる。

「インターネットで小説やコミックなどを募集して書籍化、販売するアルファポリス(マザーズ・9467)はヒット作が相次ぎ、前期純利益は407.9%増と急拡大し、今期も55.9%増益を予想。半導体検査用部品が主力の日本電子材料(東証1部・6855)、AIを利用したコールセンター業務で急成長が続くシステムズ・デザイン(ジャスダック・3766)も、前期に続く増益となる見込みで手堅い」

※週刊ポスト2018年7月20・27日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。