マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

69%が望むが現実は13%…「最期は自宅で」の思いを阻む壁

2020年4月2日 16:00

山口:私は母の容体に変化があったとき、先生や看護師のかたにご連絡できたことで、どれだけ安心できたか。実際、救急車を呼んだときも、先生たちに伺った上で判断できたので後悔せずに済みました。でも実際には、ご家族がパニックになって瞬発的に救急車を呼んでしまうことで、本人の希望が叶えられないことも多そうですね。

山中:普段の往診のときから、何かあったときは119番ではなくまずは診療所に電話をしてくださいと伝えています。私はいつ電話がかかってきても対応できるよう、ベッドでもすぐに動ける服をいつも着ており、寝るときも枕元に携帯電話を置いています。それでも救急車を呼んでしまうかたも少なくありません。

 東京都では、患者の家族が延命措置を望まない場合、かかりつけ医師の許可を得て、延命措置を中止する方向性を出しました。ただ、そのような「家族との最期の時間」では、かかりつけ医の意向も無視していいと思います。現場の救急隊が「患者や家族の思いに寄り添う」そんな仕組みになればいいと思っています。

山口:ぜひそうなってほしいです。高齢者に心臓マッサージをやったらあばら骨が折れてしまいます。若かったら別ですが、母は91才でしたから痛い思いはさせないでほしいと、ずっと思っていましたから。

※女性セブン2020年4月9日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。