マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

パチスロ人気機種「凱旋」撤去の大きすぎる余波 引退決意するファンも

2020年11月16日 16:00

凱旋撤去後のパチスロ業界はどうなるのか

 凱旋とともにパチスロをやめるというユーザーもいれば、凱旋以外の機種に期待するというユーザーもいる。ユーザーはそれぞれの思いに任せて行動すればいいが、主力機種を失うことになるホールにとっては死活問題だ。前出・藤井氏はこう話す。

「パチスロにおいて、凱旋に匹敵するほど集客力のある機種は、現時点ではまったくない。いわば、もっとも人気がある機種を失うわけですから、多くのホールが不安を抱いている状況です。

 そして悩ましいのが、凱旋が撤去された後に、どんな機種を入れていくかということ。現状では6号機があまり支持されておらず、6号機の設置を増やしたくないというホールも多い。そうなると、設置期限までまだ時間がある5号機を導入するという選択をするホールも少なくないでしょう。

 まだ1年くらいは設置できる5号機もあるので、そういった機種を再導入するケースもあると思います。しかし一方で、ホールにおける5号機の設置割合を減らしていかなくてはならないという目標もあり、5号機ばかりに頼ってはいられないのも事実。いずれにしろ、本格的に6号機をメインに設置しなくてはならない時期はもう目の前にやってきているのです」

 ホール側も発想の転換を強いられることとなりそうだ。

「爆発力の高い機種はもう無理なので、それを求めるファンを切り捨てざるを得ない。そうし中で、ジャグラーシリーズのように射幸性が低くて、ゲーム性がシンプルな機種を導入し、高齢者層や初心者を取り込もうと画策するホールも出てくるでしょう。あるいは、人気の低い6号機を回避して、パチスロのシマをパチンコのシマに変えるというホールも出てくると思います。出玉爆発力の高い機種に依存する考え方を180度転換して、新たなユーザー層へのアピールを狙わなければならないということです。

 その一方で凱旋の撤去によってパチスロ人気が低迷すれば、その危機を脱するべく、業界全体が6号機の出玉規制を緩和する方向に向かっていく可能性もあります。意外とそこに期待している関係者も少なくないと思います」(藤井氏)

 新型コロナウイルスの影響も含めて、パチスロ業界が大きく変化せざるを得ない状況となっている。凱旋の撤去は大きなターニングポイントとなりうる出来事なのだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

FX自動売買おすすめ一括比較!初心者の始め方なども紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。