マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

あげない?振り込み? 帰省しないコロナ禍のお年玉問題、各家庭の結論

2020年11月17日 15:00

現金書留か図書カードを検討

 70代の男性自営業・Bさんも、孫のお年玉の件で悩んでいた。毎年、正月に顔を見せに来る娘家族から、「今年は帰省しない予定」と報告を受けた。

「お年玉のことを話すと、娘からは『別に、今年はいいんじゃない? お小遣いは、別にお正月でなくてもいつでもあげられるでしょ?』と言われました。ただ、やっぱりお正月という特別感のあるハレの日に、お年玉を渡したいと思っています。だからといって振り込みだと味気ないし、せめて現金書留か、図書カードのようなものにしようかと検討中です」(Bさん)

自分の生活の方が大事

 一方で、30代の女性会社員・Cさんは、甥っ子・姪っ子が5人いるが、これまでも原則として「会わないならあげる必要はない」という考えで過ごしてきた。

「私自身、生まれたときには祖父母がおらず、親戚は遠くに住んでいる人たちばかりで、親以外からお年玉をもらった記憶がほとんどない。そういうこともあってか、他人がお年玉をあげる意味がよくわからないんです。コロナ以前から、お正月に甥姪と会わないときもありますが、そういうときはあげていません。私は4人きょうだいの末っ子ですが、一人だけまだ独身なので、お正月はお金が減る一方。正直やってられません」(Cさん)

 実際、お年玉はなかなか懐がいたむ。「ほけんROOM」を運営するWizleapの調査では、小学生には2000?3000円あげるという人が51%と半数を占め、中学生には4000?5000円(53%)が相場のようだ。高校生・大学生になると1万円前後をあげるのも珍しくはない。Cさんが続ける。

「今年は帰省しない予定です。甥姪にも会わないことになるので、お年玉もなし。まだ給料こそ減っていませんが、コロナでうちの会社の業績もどうなるかわからないし、雇用も不安定ななか、自分の生活のほうが大事です」(Cさん)

 コロナはお年玉事情にも多大な影響を与えているようだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。