マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

ディズニー混雑時の値上げに反応様々「仕方ない」「子連れ層には痛手」

2020年12月29日 15:00 マネーポストWEB

「ホテルや旅館などは、ハイシーズンには価格変動することが当たり前なので、ディズニーもそれに準じるのは仕方ないかな、と思います。楽しみたいなら、受け入れるしかないですから。でもこのままどんどん値上げして、1万円とかになってくると、行くペースは減ってしまいそうです」(Aさん)

 40代の主婦・Bさんは、小学生の子供たちとともに、年に1、2回は家族でディズニーに行くという。今回の値上げに対してどう思っているのか。

「もともとフードやグッズの価格は高いし、お弁当の持ち込みもできない。園内でかかるお金も相当なものになります。子供と一緒に行く層には特に痛手ですよね。私が30代のころは、5000円台だったのにと思うと恐ろしいです」(Bさん)

 Bさん曰く、大人2人と小学生の子供2人という家族4人でディズニーに行った場合、食事代やお土産代、駐車場代など、「トータルで5万円くらいかかる」とのこと。Bさんは、小学生の子供の料金は据え置きにしてほしかった」と本音を漏らす。4歳から小学生の「小人」は平日4900円(据え置き)、休日などは5200円になる。

「夢の国はもう少し、子供がいる家に優しくしてくれてもいいのに、なんて思ったり(笑)」(Bさん)

「1デーパスポート」の場合、中人(中学・高校生:12~17才)は6900円から最大で7300円、小人は4900円から最大で5200円となる。家計への打撃はもちろん、中高生にも痛手となりそうだ。

 広告代理店で働く30代の女性・Cさんは、コロナ以前には1か月に1回ペースでディズニーに行っていたという。「値上げ疲れしています」と笑うが、現在の状況を改善してくれるなら「全然あり」だと言う。どういうことか。

「値上げするなら、その分たくさん楽しみたい。だから、コロナ後も今のように人数制限してくれたらいいなと思います。1人あたりの満足度が上がりそう。あと、効率よくまわるためにも、スタンバイパス(時間帯が指定された対象アトラクション乗車に必要なパス)はやめて、すぐに乗れるファストパスに戻してもらえると嬉しいです。抽選で外れたら乗れないアトラクションもあり、かなり精神的にダメージが大きいので改善を希望します」(Cさん)

 値上げには思うところがあるものの、「仕方ない」と容認せざるを得ないファンたち。それだけ唯一無二の魅力をもつテーマパークであるということでもある。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。