マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

ドーム改修、新商業施設… 西武鉄道社長が語る「沿線価値」の高め方

2021年5月25日 7:00

──たとえコロナが収束しても、今後もテレワーク生活は世の中に浸透していきそうです。

喜多村:住宅環境の良い郊外に移住される方も増えており、鉄道会社にとって必ずしもマイナスとは考えていません。チャンスと捉えて西武沿線に住んでいただけるよう取り組んでいきたい。駅の構内にシェアオフィスを設けるなど沿線の利便性を一層高めることが重要です。

 以前の西武グループは観光ビジネスに軸足を置いていたこともあり、“西武沿線は住むにはパッとしない”といったご指摘をいただくこともありました。しかし現在は、高架化・地下化の連立事業や商業施設の充実など、住環境のバリューアップを目的に、積極的に投資を行なっています。

 今後もさらに沿線開発に力を注ぐことで、レジャーでも日常でもお客様から選ばれる鉄道会社にしていく考えです。

【プロフィール】
喜多村樹美男(きたむら・きみお)/1961年、京都府生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業後、1984年に西武鉄道入社。2010年西武ホールディングス取締役兼人事部長、2015年近江鉄道社長。2020年4月より現職。

【聞き手】
河野圭祐(かわの・けいすけ)/1963年、静岡県生まれ。経済誌編集長を経て、2018年4月よりフリーとして活動。流通、食品、ホテル、不動産など幅広く取材。

※週刊ポスト2021年5月28日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。