ライフ

早朝大掃除、テレビの爆音… 上階の老夫婦の「うるさすぎる生活音」への悩み

【対策】親しい間柄なら直接相談して、実際に部屋で懸案の音を聞いてもらおう

 騒音問題に詳しい一級建築士で、日本大学名誉教授の井上勝夫さんが、対応策についてアドバイスする。

「相手との関係が良好なら、まずは話し合ってみてはいかがでしょう。たとえば相手の奥さまを自宅に招き、そのとき、相手のご主人に音を発生させてもらいます。その音を聞いてもらって、深夜や早朝は掃除をやめてもらうなど、改善を促すのも一案です。

 同時に、関係が悪化したときのために、発生音の大きさや、発生時間、音の様子などを記録しておくとよいでしょう。これは裁判になったとき証拠になります。ただし、相手に直接、記録を提示すると問題が深刻化する恐れがありますので、取り扱いは慎重に」

取材・文/前川亜紀

※女性セブン2021年6月3日号

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。