マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

麺類の原価率の違い うどんはラーメンより低コスト、そばは十割がお得

2022年4月5日 16:00 女性セブン

専門家が注目する「コスパ最強うどん・そば店」
専門家が注目する「コスパ最強うどん・そば店」

専門家が注目する「コスパ最強うどん・そば店」

【丸亀製麺】(うどん)
「原価率の平均が30%といわれていますが、フェア商品はさらにお得。いまなら、原価率の高いあさりをふんだんに使った『春のあさりうどん』(並・690円)がおすすめ」(はんつ遠藤さん・以下同)

【はなまるうどん】(うどん)
「原価率の平均が32%と丸亀製麺よりコスパがいい。いりこと昆布のだしがおいしく、看板メニューの『かけうどん』は、小サイズで240円、大サイズで490円と圧倒的な安さを誇る」

【そば処吉野家】(そば)
「十割そばなのに『もりそば』の並が404円(※長津田店の場合)。牛丼チェーン『吉野家』の系列店なので牛肉がのったメニュー『肉だくそば』(602円)は、原価率が40%とされ、コスパがいい」

[本企画の「原価率」は、専門家が独自に調べたものです。メニューや値段などはすべて3月17日時点の情報。店舗によっては実施していないメニューもあります]

取材・文/桜田容子 イラスト/うえだのぶ

※女性セブン2022年4 月7・14日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。