マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

麺類の原価率の違い うどんはラーメンより低コスト、そばは十割がお得

2022年4月5日 16:00 女性セブン

 そばの場合、チェーン店は二八そば(そば粉8割に対し小麦粉2割を使って打ったそば)が多く、これらはそもそものメニュー価格が安いが、100%そば粉を使った十割そばの方が、そば本来の香りが堪能できるうえ、原材料費が高く、客にとってのお得度は高いという。

「『そば処吉野家』のように、押出式製麺機を使って十割そばを作るそば店が増えています。機械を導入したことで、十割そばを仕入れるよりも原材料費が安くなり、価格を抑えて提供できるのです。さらに、配膳のいらない立ち食いの十割そば店ならもっとお得といえます」

 麺類でコスパがいいのはどっち? 主なメニューで比べてみよう。

【十割そば×二八そば】

十割そば×二八そば:「そば粉も輸送費が高騰している関係で、原材料費が上がる可能性が。100%そば粉を使った十割そばの方が原材料費が高い分、お得」
十割そば×二八そば:「そば粉も輸送費が高騰している関係で、原材料費が上がる可能性が。100%そば粉を使った十割そばの方が原材料費が高い分、お得」

「そば粉も輸送費が高騰している関係で、原材料費が上がる可能性が。100%そば粉を使った十割そばの方が原材料費が高い分、お得」

【鶏天そば×えび天そば】

鶏天そば×えび天そば:「えびが高いが、えびに合わせて売値を上げると売れないため、価格を抑える店が多い。そのため、えび天の原価率は高い」(経営コンサルタントの大久保一彦さん)
鶏天そば×えび天そば:「えびが高いが、えびに合わせて売値を上げると売れないため、価格を抑える店が多い。そのため、えび天の原価率は高い」(経営コンサルタントの大久保一彦さん)

「えびが高いが、えびに合わせて売値を上げると売れないため、価格を抑える店が多い。そのため、えび天の原価率は高い」(経営コンサルタントの大久保一彦さん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。