マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

吉田みく「誰にだって言い分があります」

“おとり広告”に踊らされたスシローファン「がっかりしたけど、また通う」その理由

2022年6月29日 15:00 マネーポストWEB

消費者庁に「おとり広告」と指摘されたスシローの広告(時事通信フォト)
消費者庁に「おとり広告」と指摘されたスシローの広告(時事通信フォト)

「たしかに、フェア期間中に足を運んでもタッチパネルから注文ができず、食べることができませんでした。家族全員でがっかりしましたが、普段からの人気ぶりを見れば『今日は売り切れなんだ』と認識するのは普通のことだと思います。『仕方がないね、また来ようね』と、話していました。お目当てのお寿司が食べられなかったとしても、他のものも十分おいしいので満足していました。でも本当はCMで流れていたお寿司が食べたかった……」

「おとり広告」と知ってがっかりはしたものの、「今後も他店ではなくスシローを利用していきたい」とお寿司大好き一家のヒカルさんは言う。

「小学生以下の子供に限りますが、スタンプを集めるとスシローのオリジナルキャラクターグッズと交換できます。とてもかわいいので、息子も大喜びです」

 スシローには「だっこずし」と呼ばれるオリジナルキャラクターがいる。パンダやネコなどの動物が寿司ネタをだっこしている姿は、世代を問わず愛されているようだ。筆者も、子供たちがカゴの中から「だっこずし」グッズを楽しそうに選んでいる姿を店で見たことがある。子供を持つ家庭の人気が根強いのも納得である。

 子供だけでなく、大人にも楽しみが多いとヒカルさんは言う。

「一流シェフや有名人が監修した創作寿司やスイーツがリーズナブルな価格で食べられるのは、スシローならではの魅力。定期的に変わる期間限定メニューも、『次は何かな』といつも楽しみにしています」

 全国にファンが多い分、今回のおとり広告問題は世間を騒がせる結果となった。今後は、スシローファンの期待を裏切らないようなキャンペーンを実施し、信頼回復に努めてほしい。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。