マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

大前研一 「ビジネス新大陸」の歩き方

金融資産運用益への課税廃止、寄付で相続税大幅減…大前研一氏が提言する税制改革

2022年8月10日 15:00 週刊ポスト

【20】国、自治体、NPO、NGOなどへの寄付は寄付額の10倍を相続税対象から除く

 たとえば、国に1億円寄付したら10億円を相続税の対象から除外する。この制度ができたら、富裕層の大半が少なくとも保有資産の1割を寄付するだろう。

 なぜなら、相続税の税率は、法定相続分に応ずる取得金額が1億円を超えると1億円増えるごとに40%から5%刻みで55%まで上がっていくからだ。取得金額が10億円なら5億5000万円を納めなければならないのである。相続税がないシンガポールやオーストラリアなどに移住する富裕層が多いのは、それを避けるためだ。

 しかし、1割の寄付で残り9割に相続税がかからないとなれば、後顧の憂いがなくなった富裕層は、日本に住んだまま気楽にカネを使うようになるはずだ。

【21】国家に貢献した多額納税者の顕彰制度をつくる

 たとえば、消費税を除く総納税額が50歳までに1億円、60歳までに2億円、70歳までに3億円を超えたら生涯所得税をゼロにする。

 この条件をクリアするためには若い頃から相当な収入を得ていなければならないが、それでも死ぬまで所得税を払う必要がなくなるとなれば、積極的に税金を払うインセンティブができる。これは、【20】とともに、富裕層の財布の紐を緩めて資産を引き出す手段として非常に有効だ。

【プロフィール】
大前研一(おおまえ・けんいち)/1943年生まれ。マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社長、本社ディレクター等を経て、1994年退社。現在、ビジネス・ブレークスルー代表取締役会長、ビジネス・ブレークスルー大学学長などを務める。最新刊『大前研一 世界の潮流2022-23スペシャル』(プレジデント社刊)など著書多数。

※週刊ポスト2022年8月19・26日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。