片づけ の記事一覧

毎日の料理が劇的にラクになる収納術とは(アドバイスを受けて生まれ変わった長尾さんのキッチン)
片づけ下手の読者のキッチンを収納の専門家が大改造 「使う頻度で道具の定位置を決める」が鉄則
「使いたい物がすぐ見つからない」「収まらない物が出しっぱなし」といったキッチン収納の悩みは、毎日のことだけにかなりストレスになる。そこで、専門家に使い勝手が向上するテクニックを伝授してもらった。「リ…
2023.04.12 16:00
女性セブン
キッチンにあるからといって、調理器具を入れなきゃいけないわけではない
グリルに書類、冷蔵庫にフィギュア、下足箱にワイン… 本来の用途を無視した意外な収納術
 自宅の広さと所有するモノの量が釣り合っていない人にとって、収納スペースの確保は大きな課題だ。もちろん、モノを減らす選択肢もあるが、本来の用途とは違う場所にスペースを確保する“荒業”に出た人たちもいる…
2023.04.11 15:00
マネーポストWEB
自宅を処分して気持ちにも大きな変化があったという園まりさん
「家に払い続けたお金はもったいなかった」 園まりさんが語る、自宅を処分して感じた変化
 物への執着を手放して、身軽で快適な人生を手に入れる──ミニマムな暮らしの概念が定着して久しいが、労力や時間をかけて手放すのならば、そのぶん何か得られる方法を探りたい。多くの人にとって人生最大の買い物…
2023.04.09 07:00
女性セブン
遺品整理を甘く見てはいけない(イメージ)
「業者に頼むと70万円!?」たった一人で実家の遺品整理に取り組んだ女性の苦労と費用の内訳
 親が亡くなった後の「遺品整理」は、子供に大きな負担がかかる。親本人がいないので「いるのか」「いらないのか」仕分けの判断がつきにくいし、モノをため込んでいた場合、さらに難しくなる。 そうしたことから…
2023.03.27 15:00
マネーポストWEB
捨てるに捨てられずたまっていくばかりの年賀状、どう整理すべきか(イメージ)
思い出は簡単に捨てられない? 昔来た大量の年賀状の整理・処分をどうしてるか聞いてみた
 今年も年賀状シーズンがやってきた。年賀状の準備に追われている人もいれば、すでに「年賀状じまい」を終え、余裕を持った年末を過ごしている人もいるだろう。とはいえ、年賀状じまいをしていようといまいと、共…
2022.12.14 15:00
マネーポストWEB
「カウワーカー」の革職人・上田彩さんはこの1年半で30個ほどのランドセルをリメークした
「思い出のモノは捨てなくていい」ランドセルやジュエリー等をリメークで生まれ変わらせる職人たち
「ミニマリスト」「シンプルライフ」などモノを持たない生き方がクローズアップされているが、思い出のモノがなかなか捨てられないという人は多い。なかには、壊れたモノやもう使えなくなったモノでも、なんとかし…
2022.10.15 15:00
女性セブン
不要品を売るならリユースショップとフリマアプリをどう使い分ける?(イメージ)
不用品を売るならリユースショップか、フリマアプリか それぞれのメリット・デメリット
 不要品を捨てずに、リユースショップやフリマアプリなどで売る人が増えている。そのどちらで売るかによって、売り上げや手間は大きく異なるといえる。 ネットでは、オークションやフリーマーケットの体裁を整え…
2022.09.19 19:00
週刊ポスト
買取査定はどうなっている?(スーパーセカンドストリート大宮日進店)
リユースショップ「1円査定」でもメリットあり 捨てるより買取のほうがラクとの声も
 自宅の不要品をゴミとして捨てずにリユースショップに持ち込む人が増えている。高額商品のみならず、日用雑貨でも趣味の品でもなんでも持ち込める気軽さで、リユース市場は大きく成長している。 査定金額は需要…
2022.09.16 19:00
週刊ポスト
高く買い取られるモノの傾向は?
リユースショップ「ジャンル別・高額査定のポイント」家電、生活雑貨からホビー商品まで
 我が家では不要の中古品も、リユースショップへ持ち込めば換金できる可能性がある。リユース市場は右肩上がりで成長し、2010年には約1兆円だったが、今年は約3兆円規模にまで大きくなると予想されている。では、…
2022.09.14 15:00
週刊ポスト
リユースショップ市場は大きく成長している(スーパーセカンドストリート大宮日進店)
急成長するリユースショップの賢い使い方 衣類はシーズンの2~3か月前が高額査定に
 大掃除や引っ越しで目に付いた自宅の不要品。そのまま捨てればただのゴミで終わるが、ここで活用すべきはリユースショップだ。価値のある物品を担保として金を借りる質屋と違い、リユースショップは客が持ち込ん…
2022.09.09 19:00
週刊ポスト
実家に残されたカセットテープが捨てられない…(イメージ)
手書きの曲名、エアチェック…どうしても捨てられない「カセットテープ」の思い出
 時代とともに変わってきた音楽視聴スタイル。昨今はサブスク形式の音楽ストリーミングサービスが台頭し、主流になりつつある。だが、かつて青春時代を振り返ると、「カセットテープ」を擦り切れるほど聴いていた…
2022.09.06 16:00
マネーポストWEB
泉ピン子さんは「思い出の品」をどう処分しているのか?
泉ピン子さん“賞状やトロフィー”を続々処分「橋田壽賀子さんにも生前に伝えました」
 終活の一環として始めたい、身の回りの整理。愛着あるモノの処分は後ろ髪が引かれるものだが、後回しにはできない。消費生活アドバイザーの丸山晴美氏はこう言う。「“もったいない”から捨てられない気持ちは分か…
2022.06.16 06:00
週刊ポスト
Tさんが実際に使っている収納用のダンボール箱、このなかに大量のDVDやCDが入っている
推し活で増え続ける本やCD・DVDどうしてる?「収納用ダンボール箱」が大活躍
 音楽、動画の配信や電子書籍が一般的になった今、CDやDVD、ブルーレイディスクなどのメディアや書籍を購入する機会が減ったという人は多いかもしれない。しかし、一方で“推し活”に励む熱狂的ファンたちの中には、…
2022.06.06 15:00
マネーポストWEB
引き出物のティーカップがたくさん実家に眠っている人も(イメージ)
老親が捨てられない実家に眠る引き出物 処分に成功した子供たちの創意工夫
 実家に「絶対にもう使わないもの」があっても、親がなかなか処分してくれないと頭を抱える人は少なくないようだ。結婚式でもらう「引き出物」もその1つだ。引き出物の処分を渋る親を説得するには、どうすればいい…
2022.05.23 16:00
マネーポストWEB
本当に必要なものをどう見直すか(イラスト/とげとげ。)
ものが捨てられない人へ 整理収納アドバイザー3人が指南する「賢い手放し方」
 片づけをせずに放っておくと、身の回りにものがただただ増えていくばかりだ。どこかでしっかり片づけをして、リフレッシュしたいと思っていても、なかなかものが捨てられないという人も多いはず。また、まとめて…
2022.03.05 15:00
女性セブン
どうしても捨てられないものの処分術「私たちはこうして手放しました」
どうしても捨てられないものの処分術「私たちはこうして手放しました」
 コロナ禍で自宅時間が増え、さまざまなものの整理をする人も増えているという。その一方で、捨てようと思ってもなかなか捨てられない人もいるだろう。そこで、『女性セブン』の会員サイト2997人にアンケートを行…
2022.03.04 15:00
女性セブン
思い出のしみこんだものは簡単に捨てられない(イラスト/とげとげ。)
思い出の詰まった写真や手紙 「捨てられないもの」と幸せに付き合う方法
 長引く自粛生活で、自宅の整理をする人も増えているという。だが実際のところ、果たしてみんなどれほど捨てているのか。『女性セブン』の会員サイト2997人にアンケートを行い、読者の家の中にある“捨てられないも…
2022.03.02 15:00
女性セブン
「いつか使うかも…」と紙袋を捨てずに取っておく人は多い(イメージ)
なぜか捨てられない御三家「紙袋、空き箱、空き缶」 どう活用すべきか?
 コロナ禍で自宅の整理に挑戦した人は少なくないだろうが、「どうしてもものが捨てられない」という人もいるだろう。そこで、読者の家の中にある“捨てられないもの”について緊急調査を実施。『女性セブン』の会員…
2022.02.28 16:00
女性セブン
捨てられないものランキング1位は衣類 「いつか着る日が…」の未練と思い出
捨てられないものランキング1位は衣類 「いつか着る日が…」の未練と思い出
 コロナ禍で自宅時間が増え、家の中の整理をした人も多いはず。しかし、一方で“ものを捨てたくても捨てられない”という人も少なくない。『女性セブン』の会員サイト2997人に片付けに関するアンケートを行ったとこ…
2022.02.27 15:00
女性セブン
「固定費」がかかるものの処分を検討する際のポイントは?(イメージ)
持ち家、車など「固定費がかかるもの」の処分で得する人・損する人の分かれ目
 コロナ禍で自宅で過ごす時間が増え、使っていない家具や着ない服など生活に不要なものを処分する人が増えている。ただし、場合によっては、処分することがものをため込むこと以上にマイナスとなることも。 持ち…
2022.02.25 19:00
週刊ポスト

注目TOPIC

フィスコ経済ニュース