マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

回転寿司の大手3社に聞いた「仕入れ原価」と「安さの秘密」

2019年8月16日 16:00 女性セブン

 少しでも原価率の高いネタをお得に食べたいと思うのが、消費者のマインド。回転ずし店の商品担当者が明かす。

「メニュー名に『生』などとつく鮮魚ネタは、原価が高い傾向にあります。最近は冷凍技術の進歩から、冷凍モノはある程度は値段が下げられやすい。ですが、“生もの”はそうはいかない。たとえば、『生サーモン』『生エビ』などは、売価100円に対し、材料だけで70~80円かかっています。これだけ食べられたら大赤字ですが、回転ずしはファミリー層がターゲット。子供は原価率が低い『たまご』(原価約30円)や『ツナ軍艦』(同約10円)などが大好きなので、採算のバランスが取れるのです」

 本誌・女性セブンがスシロー、くら寿司、はま寿司という3大チェーンに原価率の平均を尋ねたところ、スシロー、くら寿司はいずれも「約5割」、はま寿司は「非開示」と回答した。安さの秘密については、別掲の表のように、各チェーンそれぞれ仕入れに工夫をしていることを明らかにしている。

※女性セブン2019年8月22・29日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。