マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

安くなって輸入激増中の米国産牛肉に潜む「ホルモン剤」のリスク

2020年2月12日 15:00

このままではアメリカ産牛肉の輸入量が国産牛の生産量を超える日も…
このままではアメリカ産牛肉の輸入量が国産牛の生産量を超える日も…

 一見“家計の味方”となった日米貿易協定は、2017年のトランプ大統領就任とアメリカのTPP離脱に伴い、日米間で結ばれた二国間貿易協定だ。TPP加盟外となったアメリカは関税率が高いまま据え置かれたため、日本国内では加盟国のオーストラリア産やカナダ産より高くなり、アメリカ産牛肉の輸入量が減少していた。

 これを苦々しく思ったのがトランプ大統領だ。彼の大票田であるテキサス州は米国内でも最大の農場数・農場面積を誇る農業地帯。特に牛肉の生産地として知られており、日本への輸出拡大は彼の支持層へのアピールにもなる。そこでトランプ氏は日本へ貿易協定の締結を強く迫った。

「うろたえたのが、安倍政権でした。トランプ大統領側は“条件をのまないなら日本からの自動車の輸入に25%の追加関税をかける”と脅しにかかり、安倍首相はさっさと白旗を掲げてしまった。ロシアや北朝鮮などとの外交が失敗続きの安倍首相は、“シンゾーはトモダチ”と言ってくれるトランプ大統領のご機嫌を取り続けるしかないんです」(政治ジャーナリスト)

「肥育ホルモン剤」で牛の成長を早める

 そうして「安倍-トランプ密約」によりアメリカ産牛肉の輸入量は増大した。家計を預かる主婦としては牛肉が安く買えるようになるのであれば、どんな経緯があったとしても歓迎したいところなのだが、話はそう単純ではない。東京大学大学院農学生命科学研究科教授の鈴木宣弘さんが指摘する。

「アメリカ産牛肉が安く買えるようになって喜んでいる人も多いかもしれません。メディア報道でも『輸入品に押された日本の生産者にとっては苦境だけれど、消費者にとってはお得』というような形で伝えられていますが、実はそんな簡単な話ではない。食品の自由化は消費者の問題であり、何より、私たちの健康、ひいては生命の問題にかかわってくるのです」

 なんとアメリカ産牛肉には、とんでもない危険が潜んでいる可能性があるというのだ。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。