マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

コロナ後の世界、資本主義国が中国包囲する“竹のカーテン”発動か

2020年4月14日 7:00

 さらに、具体的な生活への影響について、渡邉さんはこうみる。

「薬品の原料となる“原薬”は、安いジェネリック(後発医薬品)なら4割近くを中国に依存しているので、薬不足になる危険性がある。そして、100円ショップなどにあるような安い製品は多くが中国産のため、それらが店頭から消える。また、日本製のものでも中国の部品を使っているものは多数ある。これにより、日本の工場が止まることも予想されます」

 そうなれば、物価の上昇やモノの不足に伴う経済の停滞もありえるだろう。そのほか、安い賃金で雇うことができていた中国人労働者がいなくなることによる倒産・失業の危険も出てくる。

 事実、世界経済を牽引してきたアメリカでの失業保険申請件数は、3月28日までの2週間の間で約1000万件と過去最多となった。前週から倍増したうえ、2008年に起こったリーマン・ショック時の65万9000件の約15倍に上る、歴史的な水準だ。もはや1929年の世界恐慌並みの経済危機の様相となっているのだ。

※女性セブン2020年4月23日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。