マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

コロナで見えにくい企業収支 “宅飲み”需要急増の酒類メーカーは…

2020年5月26日 7:00

 このように、「新型コロナの影響」といっても、同じビジネスのなかで“プラス”と“マイナス”が入り交じり、「収支決算」が見えにくいケースは少なくない。

 そのひとつが酒類メーカーだろう。オンラインでの“宅飲み”の需要が急増した一方で、東京では居酒屋などでの酒類の提供が午後7時までと要請されたことで“店飲み”は激減した。どちらの影響が大きかったのか。

「ビールは売り上げの約半分を占めていた業務用需要激減の影響のほうが大きく、3月は大手4社で前年同月比27%減、4月は52%減。巣籠もり消費の拡大で発泡酒はプラス1%、新ジャンルはプラス7%(ともに4月)と伸びたものの、ビール類合計では3月が13%減。4月はさらに悪化して21%減でした」(経済ジャーナリストの永井隆氏)

 業務用と家庭用の“2本柱”からなるビール業界だが、前者の落ち込みを後者の伸びでカバーしきれなかったことが見えてくる。

※週刊ポスト2020年6月5日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。