マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

コロナで生活苦の50代男性が「融資と給付金」を申請し続けた成果

2020年5月27日 16:00 マネーポストWEB

 3月中旬、亀井さんは生まれ育った関西の地方都市に戻り、コロナによる自粛でシャッター街となった商店の軒先を借りて、マスクを売った。商売は繁盛し「住む場所と毎日の食費に困らないくらいには稼げた」という。

「だけどそんな“特需”は1か月も続きませんでした。徐々に市場にマスクが出回りはじめ、商店街では、てんぷら屋さんまでがマスクを売るようになった。追い打ちをかけるように“アベノマスク”の配布が決まったのです」

申請が簡略化されたことで一気にラクに

 もうマスクは駄目だ――そう思い知った日にたまたま目にしたのが、ネットニュース(マネーポストWEB)に掲載されていた〈コロナ失業で活用できる制度の数々〉という記事だったという。

「記事を見て、申請すればもらえる・借りられるお金があるということをはじめて知って、その日から、地元の役所通いを始めました」

 4月半ばのことだった。とはいえ、最初から手続きがスムーズに行われたわけではない。

「コロナに関する融資や給付金は、“生活福祉金”にあたるため、市の社会福祉協議会が担当となる。印鑑や本人証明の書類、収入が減ったという証明の書類が必要なのはもちろん、ハローワークに求職申し込みをしていなければならないし、とにかく揃えるものが多くて大変で、これはとても自分にはできない、と諦めかけていました。でも、4月20日にガラリと景色が変わったのです」

 新型コロナウイルス感染症緊急経済対策が閣議決定されたことで、ハローワークへの求職相談などの条件が緩和されたうえ、申請の方法も簡略化されたのだ。

「最大で20万円を借りられるという『緊急小口資金』は地元の役所の窓口で聞いたところ、『10万円以内なら1週間で申請が通ります』といわれ、その場で手続きしました。身分証明書や通帳などを持参して20分程度の手続きをし、ちょうど1週間で口座に10万円が振り込まれました」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。