マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

コンビニの「固めプリン」食べ比べ 気になる固さとお得感は?

2020年6月21日 15:00 マネーポストWEB

ローソンはもはや「ケーキ」か

ローソン『ブラボーミチプー -ミッチリプリン-』
ローソン『ブラボーミチプー -ミッチリプリン-』

 ローソンで現在発売中なのは『ブラボーミチプー -ミッチリプリン-』(352円)。『ミチプー -ミッチリプリン-』という商品のプレミアムバージョンで、プリンに洋梨とりんごの果肉が入ったカラメルゼリーを合わせた商品となっている。カロリーは369kcalだ。

「こちらはイタリアンプリンというよりも、もはやオリジナルの別のカテゴリに属するかもしれません。プリンの固さは、セブンとファミマの間くらい。上のカラメルはゼリー状になっていて、プリンの生地と一体化しています。そして、プリンの下に果肉入りのカラメルゼリーがあり、さらにその下にはスポンジの生地。カラメルの苦味はそこまでとがっていない印象ですし、プリンの甘さも控えめ。果肉入りのゼリーは大人っぽい味です。全体的に上品な雰囲気です」

 おおまかに計測した外寸は約6.2cm×約6.2cm×約4.3cm。そのうちプリンの層が約2.5cmで、ゼリーの層が約1.8cmとなっている。全体の体積は約150立方センチメートル程度だろうか。

「ボリュームはかなりのものだと思います。単純に大きいし、食感もあるので食べごたえは十分。ケーキをワンカット食べたくらいの満足感は得られます」

コンビニの“固めのプリン”はリーズナブル?

 3社の“固めのプリン”について、前出・小浦氏はこう解説する。

「最も“イタリアンプリン”を体現しているのはおそらくセブン-イレブンだと思います。一方ファミリーマートの『ねっとりイタリアンプリン』は、コンビニプリンらしさを保ちつつ、イタリアンプリン的な雰囲気を楽しめるという商品。そして、ローソンの『ブラボーミチプー -ミッチリプリン-』はイタリアンプリンを進化させた商品といえそうです。

 価格的には、ファミリーマートが税別198円で最も安く、ボリュームを考えると、リーズナブルに感じられます。味も含めて、親しみやすく庶民的な商品といえるでしょう。

 ファミリーマートに比べてセブン-イレブンの『イタリアンプリン』は230円と価格は高いももの、本格的なイタリアンプリンを手軽に楽しめるという意味では、十分に納得できる。むしろ安いくらいです。

 そして、ローソンの『ミチプー -ミッチリプリン-』は352円と、たしかにコンビニスイーツとしては少々高い価格設定です。しかし、とにかくボリュームがあるし、専門店にも負けないクオリティーなので、決して高いわけではないと思います。コンビニスイーツでちょっと贅沢をしたいときなどにいいと思います」

 固さも味も意外と各社で異なるコンビニの“固めのプリン”。新たな定番となるかもしれない。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。