マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

昭和の大スター・森繁久彌さんが遺言書を残さなかった真意

2020年6月30日 16:00

 森繁家は、父より先に長男が他界していたこともあって、嫁いでいる長女と相談して、次男である建さんがすべてを相続した。購入時は2億円だったモーターヨットは3000万円で売却し、車やゴルフ場は知人に引き継いでもらった。骨の折れる作業だったわりに、手元に残るお金はほとんどなかった。建さんは、それも父らしいと言う。

「終戦後、父は満州からの引き揚げ船で、祖母と母、私たち子供3人とともに佐世保港に上陸しました。そのとき、父の話では1人につきおよそ1000円、計6000円の支度金を渡されたそうです。敗戦ですべてを失い、再スタートのときに手にした6000円だったものですから、それ以降、『死ぬときに6000円あればいい』が父の口癖になり、子供に財産を残そうという考えはありませんでした」

 大スターの豪快さにはちゃんと理由があるのだ。

※女性セブン2020年7月9日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。