マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

異彩を放つ「大容量エナジードリンク」を実際に飲んでわかったこと

2020年8月4日 15:00

ZONeはジュース? だけどカロリーが気になる

 そこで『ZONe』をマネーポストの記者Aが実飲してみた。

「黒い缶の『ZONe Ver.1.0.0』は、オーソドックスなエナジードリンクに近いテイストですが、味は薄めで本当にジュースみたいに飲みやすいです。ただ、だからといって、一気に500mlを飲めるような感じではない。当然ながら、スポーツドリンクやお茶とはまったく異なるものです。

 赤い缶の『ZONe FIREWALL』はメロンソーダのようなテイストで、黒い缶の『ZONe Ver.1.0.0』よりもさらに飲みやすい。かき氷のシロップのような甘さがあるので、好き嫌いが分かれるかもしれません

 ちょっと気になるのは、缶なのでどんどん炭酸が抜けていく点です。氷と一緒に水筒に移して、少しずつ飲むのもいいかもしれません」(記者A)

 さらに記者Aがもうひとつ気になったのは、カロリーについてだ。『ZONe Ver.1.0.0』は1缶あたり265kcal、『ZONe FIREWALL』は1缶あたり270kcalとなっている。

「たとえば『コカ・コーラ』であれば、500mlで約225kcal。つまり、『ZONe』は普通のジュースと同じくらいか、それ以上のカロリーと言える。カロリーを控えたい場合は、ちょっと微妙かもしれません。『レッドブル』や『モンスターエナジー』のように、カロリーが少ない商品がラインナップされるとまた注目を集めるかもしれません」(記者A)

 既存のエナジードリンクと比べて1缶あたりの栄養成分は少なめだが、飲みやすくて安い『ZONe』。“水分補給もできるエナジードリンク”として、支持を拡大しそうだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

FX自動売買おすすめ一括比較!初心者の始め方なども紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。