マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

有料化で逆に高まるレジ袋需要 買い物シーンはどう変わった?

2020年9月23日 16:00 マネーポストWEB

必ず“一番大きいレジ袋”を買う

 また、会計時に必ずレジ袋を購入するのは、都内に住む自営業Bさん(40代男性)だ。

「レジ袋を毎回買うのは、単純にエコバッグを持ち歩くという習慣がないというのが一番の理由です。かばんを持っているときであれば、そこに商品を入れることもありますが、それは少量のときや濡れていないもの限定。あと、コンビニだと、レジの前でまごついてしまうのも嫌。1回数円で快適に買い物ができるなら、そっちのほうがいいと思っています」

 そんなBさんは、有料化になって以降、レジ袋を無駄にしなくなったという。

「大きめのレジ袋はゴミ袋なんかに活用していたんですが、小さいレジ袋はそのまま捨てることが多かった。でも、有料化されてからは、必ず一番大きいレジ袋を買って、それをゴミ袋にしています。“1回運んで終わり”ということはなくなったので、そういう意味ではレジ袋の節約になっているんじゃないかなと思っています」(Bさん)

コンビニよりスーパーで買い物

 レジ袋に関するやりとりが面倒で、コンビニで買い物をする機会が減ったという人も。神奈川県在住の会社員Cさん(20代女性)は、こう話す。

「今はマスクをしていることもあって、店員さんの『レジ袋どうしますか?』といった言葉が聞き取りづらいことも多い。聞き返すのもなんだかわずらわしくて、あまりコンビニには行かなくなりました。レジの前でいそいそとエコバッグに入れるのも面倒だし……。買うとしても、ペットボトル1本とか、明らかに袋が要らないようなものだけですね。最近の買い物は基本的に荷詰め台があるスーパーになりました」(Cさん)

 レジ袋に関しては、トラブルの原因にもなっている。前出・小浦氏が言う。

「新型コロナウイルスの影響で店員も客もマスクをしているうえ、透明のシートがかかっていることが多く、とにかく会話が聞き取りづらい。

 結果として『レジ袋は要らない』と言ったのに聞こえていなかったり、その逆があったりと、いろいろとトラブルになりやすい状況です。また、様々な決済サービスがあるいま、『クレジットカードで』『楽天ペイで』『QUICPayで』『PayPayで』『Suicaで』などとった説明も必要になり、そこでも色々なすれ違いが起きやすい。レジ業務のオペレーションがあまり上手くいかないことが増えているのは事実です。

 また、エコバッグを裸で持っていると万引の疑いがかけられるということもあり、かばんの中にエコバッグを入れているお客さんも多い。そうなると、かばんからエコバッグを取り出す作業が増えるので、スーパーの荷詰め台が混雑しやすくなる。“密”を避けたい今の事情を考えると、これもまた問題です」

 レジ袋が有料化した世の中に慣れるには、もう少し時間がかかりそうだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。