マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

日本全国102地銀の「不良債権比率」ワーストランキング

2020年9月29日 7:00 週刊ポスト

 地銀再編は預金者の利便性にも影響を及ぼすと考えられる。

「事業の効率化による店舗数やATMの削減が進み、預金をおろす時に遠くの店舗まで行ったり、高い手数料を払ってコンビニのATMを利用するなどの不便が生じることは避けがたいでしょう」(同前)

 1997~1998年の金融危機では、北海道拓殖銀行や日本長期信用銀行などが不良債権の重みに耐えきれず経営破綻した。

「今回も最悪のケースでは、地銀が破綻する可能性があります。その際、預金者の預金は1000万円までしか返済保証されない。そうした最悪の事態まで想定して、分散預金などを検討する選択肢もあるでしょう」(森岡氏)

 銀行との付き合い方を考え直さなくてはならない時代がやって来た。

※週刊ポスト2020年10月9日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。