マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

月額2980円の新プラン「ドコモは本気だ」 課題は低容量プラン値下げ

2020年12月3日 19:00 マネーポストWEB

新サービスの名前は「ahamo」(HPより)
新サービスの名前は「ahamo」(同社HPより)

 オンライン受付のみにしたのも、格安スマホに流れがちな若い世代を取り込むことで、将来的にも「dアカウントユーザー」を拡大していこうという戦略が見えてくる。

 今回のドコモの発表により「20GB」のプランは月額2980円を軸とする競争となっていくだろう。

 ただし、課題となるのは低容量プランの値下げだ。20GB以上通信しているユーザーは全体の11%ほどしかいないとされ、「10GBで十分」「5GBのプランを安くして欲しい」というユーザーは少なくない。自宅でWi-Fiがあるから5GBで十分という人にとっては、ドコモ、au、ソフトバンク系列で例えば「月額2000円以下」といった安いプランが出てくるかどうかのほうに関心があるだろう。ドコモの井伊基之社長は3日の会見で、既存プランの見直しについても言及。12月中にも改めて公表するといい、「データを使った分だけ料金を課す従量課金の良さを残した上で、お得感のある料金に見直していく」「平たく言えば、料金は下がる方向で考えています」と語った。

 各社が低容量プランの見直しをするとなれば、格安SIM各社の生存競争にもつながってくる。通信料をめぐる戦いはこれからが本番となりそうだ。

新プランは5Gにも対応する(5G対応の低価格スマホ発表会。時事通信フォト)
新プランは5Gにも対応する(5G対応の低価格スマホ発表会。時事通信フォト)
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産を売却するときに必要な6つの手順
不動産を売却するときに必要な6つの手順

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。