マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

山田前広報官も天下り濃厚 高級官僚は退職後も再就職先の心配なし

2021年3月10日 16:00

 菅義偉・首相が総務大臣時代に推進した放送行政改革に反対し左遷された南俊行・放送政策課長(当時)は、その後、逆に菅氏に目をかけられて情報流通行政局長や内閣審議官を歴任、損保会社顧問を経て昨年6月、NTTドコモの常務執行役員に天下っている。

 政権の不祥事に自ら泥をかぶって首相を守った官僚や首相の覚えめでたい官僚が、おいしいポストに就いているのだ。

 天下りを受け入れた企業に聞くと、「柳瀬氏は経産省の経済産業政策策定者として豊富な経験を有しており、幅広い経営的視点からの造詣に期待し登用しました。第三者からの依頼は一切なく、当社から依頼した」(NTT広報室)、「南は、総務省において情報通信事業に長年にわたり携わるとともに国際戦略にも造詣が深いことから、当社から常務執行役員への就任を要請したものです」(NTTドコモ広報部)と回答。

 山田氏もそのうち「情報通信事業や広報戦略に造詣が深い」とトップクラスの企業から招かれると考えるのが自然ではないか。

※週刊ポスト2021年3月19・26日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。